男目線でバレンタイン・義理チョコについて考える

男目線で厳選した職場全体に渡す義理チョコのポイントを紹介!

男目線で厳選した職場全体に渡す義理チョコのポイントを紹介!

義理チョコ 渡す

 

 

バレンタインの義理チョコについて実際にどのようなチョコをあげるべきでしょうか?

 

 

 

男目線で紹介していきたいと思います。

 

 

 

まずは、職場全体にチョコを配ることを想定して考えていきます。

 

 

 

職場全体にチョコを配る時の価格・ブランド

 

 

 

値段 1人当たり50円から200円くらい
ブランドの有無 ブランド物でなくてもよい

 

 

 

 

チョコの値段

 

 

値段については、職場の全員にあげるので、そこまで高価なチョコでなくてもいいかと思います。

 

 

 

人数にもよりますが、1人当たり50円〜200円くらいの予算で考えれば十分だと思います。

 

 

 

男性はそこまでチョコにこだわりがない人が多いので、

 

 

 

全員にあげるのであれば、値段は高くなくても大丈夫だと思います。

 

 

 

無理せず、自分が払える費用の範囲内で考えていいですよ。

 

 

 

ブランドの有無

 

 

ブランド品のチョコにするかという問題ですが、

 

 

 

値段のところでも述べたとおり、男性はそこまでチョコにこだわりがない人が多いので、

 

 

 

無理にブロンド品にしなくてもいいと思います。

 

 

 

ただ、ブラックサンダーなど、コンビニ等で簡単に変えるようなチョコは避けた方がいいです。

 

 

 

さすがに印象が悪くなる恐れがありますので。

 

 

 

具体的なチョコの紹介

 

 

ここからは男目線で見て、オススメのチョコを紹介していきます。

 

 

 

いずれも、職場にあげることを想定して、選んでいます。

 

 

 

そのまま義理チョコとして採用してもらってもかまいませんし

 

 

 

これを参考にして、別のチョコを選んでもらってもかまいません。

 

 

 

なにかお役に立てれば幸いです

 

 

 

 

 

フェレロ ロシェ(FERRERO ROCHER)

 

 

 

1粒当たりの価格は、約42円と安価です。

 

 

 

イタリアのフェレロというメーカーの商品です。

 

 

 

海外のお菓子なので、値段が一見してもわかりづらいので、

 

 

 

職場に配るのにも向いていると思います。

 

 

 

 

 

☆公式サイトはこちら☆

 

https://www.ferrero.co.jp/ferrero_rocher

 

 

 

 

☆Amazonで購入するならこちら☆

[2箱] フェレロ ロシェ(FERRERO ROCHER) T-30 チョコレート 30粒

 

 

カフェタッセ(CAFE-TASSE)

 

 

1枚当たりの価格は、約81円です。

 

 

 

ベルギーの代表的チョコレートです。

 

 

 

コーヒーにあうチョコレートを追及してつくられたそうです

 

 

 

職場では、よくコーヒーを飲むと思いますので、

 

 

 

 

職場の職員全体に配るのにも向いていると思います。

 

 

☆公式サイトはこちら
https://www.angers-web.com/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=brdk21254

 

 

 

 

☆楽天で購入するならこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ